KANAZAWA-AIR

金沢市公衆無線LAN

KANAZAWA Civic Tech Contest 2017 審査結果について


平成30年2月17日(土)に、金沢21世紀美術館レクチャーホールにおいて「KANAZAWA Civic Tech Contest 2017」アプリケーション部門二次(最終)審査を行い、グランプリ及び市長奨励賞を決定しました。また、書類選考により決定したアイデア部門のグランプリ及び市長奨励賞の受賞者による発表も実施されました。両部門の審査の結果は以下のとおりです。

◇アプリケーション部門

【グランプリ】

作品名:わくらば
受賞者:わくらば プロジェクト <4名のグループ(金沢市)>
内容:観光スポット等に関する情報を、AR(拡張現実)を利用したストレスのない操作で取得できるスマートフォン向けアプリです。
受賞のポイント:高い実現性、少し先の未来をイメージさせてくれる将来性、今後、魅力的なアプリケーションになるポテンシャルが評価されました。

 

【市長奨励賞】

作品名:金沢ルート検索
受賞者:さとらぼ <2名のグループ(千葉県)>
内容:天候や渋滞等金沢特有の情報を考慮し、徒歩、ふらっとバス、まちのりを使った目的地までの最適なルートを検索するアプリです。

作品名:しぇるたま
受賞者:(株)パワーエッジ 金沢防災意識改善チーム <4名のグループ(法人)>
内容:最寄りの避難所検索や非常時のアラーム機能等、災害時に役立つアプリです。災害情報通知機能や携行品リスト機能等も備えています。

◇アイデア部門

【グランプリ】

作品名:金沢たのしまんなんげんよ
受賞者:阿部 玲華さん <学生(白山市)>
内容:地元の女子高生がおすすめする金沢のスイーツ&ランチやお土産、インスタ映えスポット等を紹介することで、修学旅行を楽しくするアプリです。
受賞のポイント:想定するユーザーのニーズ(課題)が的確に把握されているとともに、修学旅行という切り口のユニークさ、リアルで旬な情報を得られる点が評価されました。

【市長奨励賞】

作品名:35・CARE(サンゴ・ケア)
受賞者:TEAM・産後ケアを北陸に <グループ(岐阜県)>
内容:産後のお母さんへ向け、エクササイズや心のケア、医療情報などの産後ケアの情報が一括してわかるアプリです。

 

 

 

Comments are currently closed.