KANAZAWA-AIR

金沢市公衆無線LAN

KANAZAWA Civic Tech Contest 2019 二次審査発表資料の公開


令和2年2月15日(土)金沢21世紀美術館レクチャーホールにおいて、「KANAZAWA Civic Tech Contest 2019」アプリケーション部門二次審査(公開プレゼンテーション)及びアイデア部門受賞作品の発表を実施しました。
グランプリ及び市長奨励賞の受賞者を含めた発表者のプレゼンテーション資料を公開します。また、審査時間中に行われたライトニングトークの資料も掲載しますので、ぜひご覧いただければと思います。(並びは発表順。)

 

アプリケーション部門 一次審査通過作品

 

WIEV(市長奨励賞)

発表者

水藤 裕太さん

作品概要

キーワード入力や喋りかけるだけで様々なオープンデータを直感的に可視化出来るWebアプリです。

発表資料(PDFが別ウィンドウで開きます。)

 

NORMALLY

発表者

吉川 莉央さん

作品概要

視覚障害者が音声のみで、公共交通機関の利用や街のイベントに参加する手助けをするサービスです。

発表資料(PDFが別ウィンドウで開きます。)

 

5374ガジェット(市長奨励賞)

発表者

XMAKERS

作品概要

専用デバイスが光ることでゴミの日を通知してくれるサービスです。玄関の目立つ位置に設置すると出掛ける前に気付くことができ、ゴミの分別により光る色も変わります。

発表資料(PDFが別ウィンドウで開きます。)

 

StockSupporter

発表者

スマートフォンアプリプロジェクト

作品概要

備蓄している食品の管理により、ローリングストックの手間を減らしたい人や始めた人をサポートするアプリです。

発表資料(PDFが別ウィンドウで開きます。)

 

かなの輪

発表者

すい〜とぽてと

作品概要

介護の悩み相談や介護サービスの検索機能により、ストレスの多い介護者をサポートするウェブアプリです。

発表資料(PDFが別ウィンドウで開きます。)

 

Babiet(グランプリ)

発表者

Conflicters

作品概要

授乳やオムツ替えなど、用途に応じてトイレを検索・表示できる、育児に優しいトイレ探しアプリです。

 発表資料(PDFが別ウィンドウで開きます。)

 

アイデア部門 受賞作品

 

減災アプリ(仮名)kawadoko レベル(市長奨励賞)

発表者

胡桃 裕一さん 

作品概要

住民に河川の写真を投稿してもらい、積極的に住民と行政(県・市)の減災意識を高めるアプリです。

 

日本語能力が十分でない子供たちへの教育支援(グランプリ)

発表者

TEAM MONOZUKI

作品概要

AIの機械翻訳技術を活用した「やさしい日本語」で 、外国人生徒が直面する教育の壁解消を目指す。

 

ライトニングトーク

 「俺とオープンデータ」

発表者

ファランクスウェア代表 加藤 真透氏

<プロフィール> 金沢市を拠点に活躍するフリーランスエンジニアであり、サラリーマン時代にはシステム開発、地デジ関係、ウェブゲーム、通販サイトなどの開発・運営を経て現在に至る。また、昨年の夏に開催した「KANAZAWAアプリ開発塾」では、講師を務める。

発表資料(PDFが別ウィンドウで開きます。)

 

 

Comments are currently closed.